禁煙に何度も何度も挑戦して失敗しているあなた、いつまでその状態を続けるつもりですか?固く決意したが数日後には吸ってしまったり、イライラが止まらない…。今日から禁煙して健康で安心な体を手に入れましょう。

タバコを持っている男性
  • ホーム
  • 事業所で喫煙を馬鹿にされた場合の禁煙方法

事業所で喫煙を馬鹿にされた場合の禁煙方法

タバコを吸っている男性

現代においては禁煙化社会となりつつあるため、日頃から禁煙をしていたり、分煙化がきちんとしている事業所も多いのが現実です。
副流煙が昔よりも問題になっていることもありますから、喫煙者にとっては肩身の狭い思いをすることも多いでしょう。
空気を読まずに喫煙スペース以外でタバコを吸えば、同僚からも激しく非難をされたり、裏で馬鹿にされる可能性もあるので注意が必要です。
自分だけが健康的な被害を被るのならまだしも、副流煙の悪影響で他の人にも健康を害させてしまうようであれば、きちんと社会人としての自覚を持つべきでしょう。
人のいうことなど気にしない、という我道を進むタイプの考え方もありますが、同僚や上司とうまく付き合っていくためには周囲への配慮も忘れてはなりません。
事業所にしても禁煙のためのさまざまな優遇制度を用意しているケースもありますので、健康面を考えて禁煙をしてみるのも一つの手段かもしれません。
ただ、なかなか制度を利用したとしても禁煙をするのも難しくて長続きをしないこともありえます。
そんな場合でもすぐに諦めるのではなく、禁煙外来の門を思い切って叩いてみるのもよいでしょう。
禁煙外来に向かい、きちんと専門医の意見やアドバイスを元に治療をしていけば、治療への第一歩を踏み出したことにもなります。
将来的に病気になってしまうリスクを抱えるより、安心して健康な暮らしができるのであれば、それにこしたことはないのではないででしょうか。
全国にはこうした禁煙外来は多数存在していますから、まずはインターネットで調べてアクセスのしやすいクリニックを探してみることも大事です。
自分の意志だけではどうにもならない場合にこそ頼れる場所なのです。