禁煙に何度も何度も挑戦して失敗しているあなた、いつまでその状態を続けるつもりですか?固く決意したが数日後には吸ってしまったり、イライラが止まらない…。今日から禁煙して健康で安心な体を手に入れましょう。

タバコを持っている男性
  • ホーム
  • 喘息をもたらす煙草はイラストでわかりやすく禁煙

喘息をもたらす煙草はイラストでわかりやすく禁煙

手で持たれるタバコ

煙草と言えば、喘息を引き起こすなどの理由により古くから百害あって一利なしと言われ続けています。
一般的に内臓について言われることが多い言葉ですが、近年歯科治療において主流になりつつあるインプラントにおいても害を与えることが判明しています。
インプラント治療を受ける際には、禁煙すべきと医師から告げられます。
医師がイラストを用いてわかりやすくこうしたアドバイスをするのは、煙草により治療が失敗するというケースが相次いでいるためです。
禁煙した状態で受けた場合と喫煙を続けた状態で受けた場合では失敗する可能性が4倍も高まるのです。
非喫煙者や禁煙に成功した人の場合は円滑に治療を進めることができるのですが、煙草を吸っていることにより円滑に行えないのはニコチンと一酸化炭素が関与しています。
ニコチンにより歯茎の血流が悪化するため、歯茎の色が黒ずむ上に一酸化炭素が原因となり血流が悪くなるので、顎の骨の部分に対して必要量の酸素が行き渡らなくなってしまうのです。
こうした事から施術を行っても支える骨の部位や組織が弱ってしまうため外れることが増えてしまいます。
これらの有害物質による悪影響を受けたことで血の巡りが悪くなると分泌される唾液の量も少なくなります。
唾液は口内の状態を清潔に保つ効能があるので、唾液が少なくなることにより最近が増加し歯周病などに見舞われやすくなってしまうのです。
唾液が少ないということは自然治癒力も低下するということになるので、術後の傷跡が治癒しにくくなるため痛みなどが長引くことになります。
通常はおよそ2週間で傷跡が塞がるのですが、禁煙しないで施術を受けた場合はいつまでも傷跡が塞がることはなく、細菌などにより炎症が起こることが懸念されます。